篆刻とは:全日本篆刻連盟ホームページにようこそ

篆刻とは

篆刻とは

篆刻は、小さな印面に自己の技術や知識、感興などを盛り込んで、多様な表現を志向する高度な芸術です。
多岐にわたる学習が作品に反映するため、東洋芸術のエキスが凝縮された世界であるともいわれます。

近年、街のカルチャーセンターや趣味の教室に篆刻の講座が設けられ、手軽に篆刻を試みようという人が増えてきました。刻るだけでしたら誰でも手軽に楽しめるのですが、より確かな成果を望むのでしたら、相応の準備と幅広い学習が必要となります。

篆刻に取り組まれるならば、付随する文字の知識は無論のこと、古代の歴史などにも目を向け、格調の高い篆刻を目指していただきたいと願っています。

篆刻を楽しむために

篆刻は篆書を用いるから「篆刻」なのですが、これは篆書自体がそなえる造形性、構築性が他の書体より優れているという特質から、篆書に限って用います。篆刻を始め、面白さが増してくるようになると、楽しい反面厄介な問題にもぶつかります。

篆書という古い書体を用いることで、現行の文字とのギャップが生じ、目的の文字が見当たらないために、早い段階で挫折してしまうことがあります。これは私たちが日常、常用漢字という本来の正字と異なる文字を用い、日本独自に省略した文字を使っていることにもその一因があります。

篆刻では常に正字に依って篆書を検索しますが、「芸→藝」「円→圓」「医→醫」「売→賣」のように極端に省略された文字や、「稲→稻」「穏→穩」「騒→騷」のように僅かに変化した文字まであり、自ずと文字の知識も必要となります。このような悩みは日本のみならず、本家・中国にも現行の簡化字という簡略体が普及している問題に似ています。

篆刻に親しむことで、文字に対する知識が増してくるのも確かなことです。 篆刻は今から四百年前、中国で詩書画をたしなむ文人たちの間に、書画と同等の芸術として確立しました。それは愛玩に耐えうる印材が発見され、自分の描いた作品に、高名な印人が刻した印や自刻の印を用いるという、楽しさや悦びによって篆刻が高まり、成熟してきたのでしょう。

先ずは篆刻の基本三法である字法・章法・刀法を身につけ、古印・名印を学んでいただきたいと思います。 印刀でバリバリと刻る緊張と集中のひと時、出来上がった印に印泥をつけて捺す瞬間、現われた印影を見る時の充実感、やはり何物にも替え難い至福の時間なのです。

全日本篆刻連盟とは

1979年、日展に出品の篆刻家を中心に、今は亡き小林斗盦氏(文化勲章受章者)の提唱により、本連盟の前身が発足しました。これまでの足跡は沿革の通りですが、篆刻の普及、会員相互の親睦を図り、研究会、見学会、展覧会などの行事を行うことを目的に設立されました。

本連盟は一会派に偏ることなく、一定の水準を保持する方針のもと存続し、現在に至っております。一系列の師系に依る団体でありませんため、参加する役員各々が多様な作風を展開しています。 時折、僅かの経験で本連盟に入会したいとの希望者がおられます。本連盟は、役員の推薦による入会を原則としています。

これは「篆刻とは」「篆刻を楽しむために」で記しました通り、やはり篆刻の本質は難しいとの思いによるものです。正直、本連盟の作家の手ほどきを受けて篆刻を楽しんでいただきたい、というのが私達の偽らざる気持ちなのです。本連盟の教室の見学をお勧めいたします。